いのちの話をしよう NHK

0
    JUGEMテーマ:NHK
    ろーかる直送便 いのちの話をしよう〜助産師・小林寿子さんのメッセージ〜というNHKのドキュメンタリーを見ました。

    見たといっても、途中からだったし、パソコンをカタカタしながらで、じっくりという感じではなかったけど、思春期の高校生に命について何かを伝える試みというのは素晴らしいと感じました。

    その授業を行った小林寿子さんがどんな方なのか知らなかったのですが、あとで調べてみたら39歳の助産師の方で、なんとお子さんが9人もいらっしゃるそう。

    これぞビッグマミィという感じですな。

    自分も思春期の頃には不全感のようなものを強く抱いていたし、「生きる意味ってなんだ」なんてこともずっと思っていたし、自分のことも好きではなかった(むしろ嫌いだった)記憶があります。

    そういったときにこうった授業があったら何か響くものがあったかな、なんて思いながら見ていました。

    結局「生きる意味」に関する答えは誰しも仮説しか持てないと思うし、納得できる仮説が見つからずにさまよっている(←比喩的な意味で)人もいれば、そもそもそんなことを気にせず生きている人もいるんだと思う。

    大人でもそんなもの(確かな答えなど持たずに生きている)なのだから、10代の若い世代の子たちが悩んだり迷ったりするのも当然なのかも知れない。

    それは何かの知識を得ることで納得できるようなものでもないだろうし、社会経験の少ない思春期世代が悟っているようだったらかえっておかしいのではないだろうか。

    私が自分なりに納得できる答えのようなものに辿り着いたのは30歳を超えてからだったと思う。

    それくら時間がかかっても普通だ、のような社会的なアナウンスがあれば若い人は多少楽になるかな。

    小林寿子さんが「命って何ですか」といった内容のことを授業(大人向け?)の参加者に書いてもらうことがある様子。

    それは答えが出ずに何も書けなくても構わないし、むしろ軽い気持ちで簡単に書けてしまうのはおかしいのだそう。

    そのとき、ふと私の中で「命とは可能性だ」という言葉が出て来ました。

    命って、どうにでも広がっていく可能性を秘めたもの。

    可能性なので、それ(実現)を信じれば希望にもなるし、諦めてしまったり信じなかったりすると否定をしたくなってしまうもの。

    自分が感じて掴み取りたいと思った可能性に向かって、途方も無い努力をする覚悟で近づいていくのが命。

    だから、楽でないといえばその通り。
    高い目標になればなるほど実現までの道のりは遠く、大変です。

    しかも可能性なのだから、必ず実現するとは限らない。
    自分が抱いた夢や目標が大それたもの(「総理大臣になりたい」とか)だとかえって人生がおかしくなりそうだし、目標を定めるのにもセンスが必要なのかも。

    10代の頃というのは、そういった「目標を立てる⇒継続的な努力⇒達成(=喜び)」という訓練をすべき年代で、大人にはそれを上手にガイドしたり、コーチングして育てていく役目があるのかも知れない。

    教育というのは必要な知識を与えるだけでなく、そういった面が大切だという気がしてきました。

    小泉今日子 家族に乾杯

    0
      JUGEMテーマ:NHK
      NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」で小泉今日子さん(キョンキョン)が岩手県久慈市を訪問。

      ご存知の方も多いと思いますが、朝ドラ「あまちゃん」のロケ地ですね。
      (キョンキョンは主人公の母親「天野春子」役をやっています)

      何だか自然体な雰囲気というか、何となく力の抜けた感じがよかったと感じました。

      天野春子が元不良で威勢のいいセリフも多く、それとのギャップからそう感じたのかな・・・

      ただ、ロケ中によくスナックに行かれていた様子。
      (行きつくしたなんておっしゃっていました)

      番組中に出会った女性の親戚(いとこの旦那さん)が、スナックでキョンキョンと「学園天国」を一緒に歌ったとか。

      あまちゃんのロケ期間中に地元の人とスナックで楽しく騒いでいたということですよね・・・
      鶴瓶さんに「なにしてんねん!」と言われていました。

      でも、その方にとっては忘れられない思い出になるでしょうね。


      言う人いるのかな、と思っていた「じぇじぇ」、言った方がいました!

      ただ、あれは番組へのサービスだったのかも。

      というのも小袖が「じぇ」で、その方のところでは本来「あぇ〜」と言うとか。

      まぁ、でも小袖のほうの知り合いの方もいて、どっちもなじみがあるという感じなのかな。

      ちなみに鶴瓶さんは「じぇ」がどういった意味なのか知りませんでした。
      お忙しくて、なかなか見ていられないんでしょうかね。

      来週が後編。楽しみです。

      あまちゃん 鉄拳

      0
        JUGEMテーマ:NHKドラマ
         NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の制作に鉄拳さんも関わっているそうですね。
        ★鉄拳の「パラパラ漫画」がNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に起用! - シネマトゥデイ

        http://www.cinematoday.jp/page/N0049426
        ドラマ内の説明アニメーションで彼のパラパラ漫画が使われている様子。

        この間見た、アキの祖父・忠兵衛がやっている延縄漁(はえなわりょう)を説明するのに出てきたアニメーションとかがそうなのかな。

        南部もぐりの説明にもアニメが出てきましたっけ・・・?
        (ちと記憶が曖昧)

        今後ドラマを見るのがますます楽しみになってきた!

        いつやるの 今でしょ 林修

        0
          東進ハイスクールCMで「いつやるの 今でしょ」でインパクトのある林修先生、東大法学部の出身なんだ・・・
          ●現代文の読解力 対人関係を築く力に完全一致と今でしょ先生(NEWSポストセブン) - ライフ - livedoor ニュース
          http://news.livedoor.com/article/detail/7437696/
          知らなかった。。。

          卒業後は銀行勤めをされたようですが、半年で辞められた様子。

          私は大学受験時代、現代文は出口汪先生や田村秀行先生に学びましたが、(衛生中継などで)いま受験生だったら林先生の授業を受けていたかも知れないな。

          有田とマツコと男と女 社長

          0
            JUGEMテーマ:テレビ全般
            有田とマツコと男と女で「カリスマ社長vs定職につかない若者」というのをやっていました。

            若者側のドタキャンが8名いたそう。

            さすがというか、なんというか・・・

            まぁ、若者側は出演することがどれだけ自分の利益になるのかわからないからモチベーションが低いのかも知れませんけどね。

            若者から社長への質問で「何人兄弟で何番目ですか」というのがあったのですが、バラバラでその場では法則性は見られませんでした。

            別に長男だろうが長女だろうが、真ん中だろうが、末っ子だろうが関係ないようです。

            バウムクーヘン(マダムシンコ バームクーヘン)で有名なマダムシンコさんも社長の一人として登場していました。

            「私もスタートは一緒ですから」(私も昔はここにいる若者たちと同じような感じだった)
            という言葉が夢見る若い人たちの心に響いたのではないかな。



            ブログランキング


            にほんブログ村 その他生活ブログへ

            リンクリックブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!

            PVアクセスランキング にほんブログ村

            • SEOブログパーツ
            seo great banner

            selected entries

            categories

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM