ゆうべはお楽しみでしたね見逃し

0
    「ゆうべはお楽しみでしたね」というけしからんタイトルのドラマがあるのか!

    原作は漫画のようですけれど。

    本田翼ちゃんが出ている?

    ということ、本田翼ちゃんとお楽しみってことか!!!


    ゲームがきっかけで、ギャル系女子とシェアハウス生活をすることになったという展開みたいですけれど。

    ゲームはオンラインの「ドラゴンクエスト勝

    第1話のタイトルは「はじまりはパルプンテ」ってなっています。


    パルプンテって、どんな呪文だったっけ・・・

    調べてみると、何が起こるかわからない呪文、のよう。

    そうか、ほぼ使わなかったから、覚えていないんだな。


    それはともかく。

    ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」(略称は「ゆうたの」らしい)の見逃し配信は、U-NEXT独占のよう。

    TBSで放送後に配信となるみたいですゆうべはお楽しみでしたね【U-NEXT動画配信】

    2019年1月9日(水)〜2019年4月7日(日)まではキャンペーンでダウンロード版「ドラゴンクエストX オンライン」が抽選で毎週5,000人、総勢65,000人にプレゼントされるのだとか!

    (U-NEXTで視聴して応募する必要があります)

    ドラマ内容に連動しているものでいいですね。


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    年越し 見たテレビ番組

    0
      パソコンしながら、テレビを見る年越しだったけれど。

      紅白歌合戦はまったく見なかったな・・・
      (一応、録画はしてあるけれど)

      大晦日夜は
      ■新・にほん風景遺産 明治150年スペシャル
      ■年またぎ酒場放浪記〜西国三十三所観音めぐり酒めぐり&樽酒鏡開き4時間スペシャル〜
      といった番組をつけていました。

      年が明けてからは、少しだけ「ねほりんぱほりん」を見て、そのあとは「朝まで生テレビ」。

      いま番組表を見たら、BSで「ワカコ酒」をやっているのを知り、そちらに移動。

      CM中には、チラッとVOD(ネット動画)を見たりも・・・



      あいがとさげもす(薩摩弁・鹿児島弁)

      0
        大河ドラマ「西郷どん」で聞いた言葉。

        自分は「ありがとさげもす」に聞こえていましたが、「あいがと」なんですかね。

        それはともかく、この語感だと、ありがとう+下げもす ってふうに思ってしまいます。

        ですが、そうではなく、「ありがとう+申し上げもす」が縮まってそうなっているよう。

        自分は、映画「六月燈の三姉妹」のなかで吹石一恵さんがおっしゃっているのを聞いてて、「あぁ、なるほど、そうなのか」ってなりました。

        標準語っぽく言うと

        ■ありがとうを申し上げます
        ■感謝を申し上げます

        ってことになるかと。

        この解説↓だと、「ありがとう+申し上げ申す」みたいだけれど。
        鹿児島弁の「〜もす」は標準語でいうところの「〜ます」ではなく、「〜申す」なのだろうか?

        地球タクシー

        0
          ネットでテレビ番組表を見ていたら・・・



          なんかすごい。

          NHKの地球タクシーって番組です。

          見ていると、勉強になったり、いろいろ感じたりします。

          イギリス・ロンドンのタクシー運転手にはノリッジ(Knowledge)という資格試験があるよう。

          取得するのに4年くらいかかるのだとか。

          膨大にある道、それから観光スポット・お店・宿泊施設といったものの位置をたくさん覚えないといけないみたいです。


          ネットでちょっと調べて読むと、ロンドンのタクシー「Black cab」の運転手になるのにその試験通過が必要ってことかな。

          世界一大変と言われていて、それゆえに尊敬の目も向けられるのだとか。

          知らなかったな。


          JUGEMテーマ:ロンドン


          宇梶剛士さんの街ブラ番組

          0
            昨日の夜中、ふとテレビをつけたら宇梶剛士さんの街ブラ番組をやっていました。

            見たのは途中からでしたが、なかなか面白かったです。

            なんか、スタッフとの掛け合いとかが。

            「うん、じゃねんだよ!」とか、もちろん半分笑いながらだけど言っていて、でもそれが結構な迫力だったり・・・

            番組名を調べてみたら、「宇梶剛士のあっちこっち散歩」のよう。

            やったのは、まだ2回目かな。

            第1回→都立大学(東京都目黒区)
            第2回→館山(千葉県)

            昨日やっていたのは、千葉県の館山の回。


            宇梶剛士さんが20歳くらいのとき、美輪彰宏さんに言われたというエピソードもなかなかでした。


            顔を売るような仕事をするとしても「家から一歩外に出て、自分が特別だなんて決して思うな」といったことを言われたようです。

            「ごく一部の人をのぞいて、みんな働いていかないと生きていかれない。そういう人がほとんど。自分が舞台に立っているとか、テレビに出ているとかいっても、そんなことに目もくれないで働いている人もいっぱいいるのだから、そんなところで、変な空気を出すな。そういうのが一番かっこ悪い、みっともない」と。


            自分では「目立っている。ちょっとしたスターだ」なんて思っていても、自分のことを知らない人もたくさんいるのだろうし、知っていたとしても、偉そうな雰囲気や態度を見たら「なんだアイツ」って感じたりすることでしょう。

            だから、偉ぶってもかえって馬鹿に見えるだけってことを諭されたのだと思います。

            宇梶さんが20歳くらいということは、25年くらい前のこと?

            う〜む。

            美輪さん、かっこいいですね。


            JUGEMテーマ:テレビ全般



            ブログランキング


            にほんブログ村 その他生活ブログへ

            リンクリックブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!


            PVアクセスランキング にほんブログ村

            • SEOブログパーツ
            seo great banner

            selected entries

            categories

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM