麒麟がくる 初回の感想

0
    2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。

    昨日(2020/1/19日)に初回が放送されました。

    自分は録画したので視聴。

    再生速度を倍速にしたりしながら見ました。

    感想は・・・まぁ、合格。
    (と、上から目線的に書いてみる)

    初回放送ってだいぶ大切なのではいかと。

    心をつかんで「続けて見ていこう」という気にさせるか、「もう、いいや」ってなってしまうかの分かれ目な気がするので・・・

    で、自分は歴史が好きなほうというのもあるかもしれませんが、「また見ていこう」となりました。

    ただ、心をわしづかみにされたというほどではなく、"つかまれた"といった感じ。

    大部分で再生スピードを上げながら見ていましたが、それで調度いいくらい。

    場面によっては冗長に感じたところもありました。

    わしづかみにされるには、さらに(展開等に)スピード感があったらそうなった可能性があります。

    が、そのあたりは見る人によっても違うのでしょう、きっと。


    沢尻エリカの代役としてキャストされた川口春奈さん。

    ネットなどで評判を見ると、「よかった」「頑張れ」的な声が多いよう。

    ただ、自分の場合には、和装・沢尻エリカのイメージがチラつき、見ていてどこか微妙な印象も。

    ここは、回を重ねていくうちにしっくりくることを期待。

    あの川口春奈さんの役は帰蝶(濃姫)。

    斎藤道三の娘で、織田信長の正妻となる女性ですね。

    「麒麟がくる」では、信長役を染谷将太さんがやるので、そうなると川口春奈さんが正妻役というのも似合いそうか。

    ドラマでは、明智光秀と濃姫はいとこ(斎藤道三の妻・小見の方が光秀の叔母)という設定ですが、これは「もしかしたら、そういう可能性もあるかもしれない」くらいの1つの説に過ぎないよう。


    斎藤道三と織田信長が会見したのは、正徳寺でしたっけ。

    うつけものと噂されていた信長でしたが、斎藤道三をうならせたという。

    「麒麟がくる」でも、その場面は出てくるのではないかと思いますが、第何回になるだろうか。

    まずは、そのあたりも楽しみだ。


    ドラマ「絶対零度」で出てくる人形型クッション

    0
      フジテレビドラマ「絶対零度」。

      本田翼ちゃんが背負っていたりする人形型のクッション。

      あの人形は、これ↓

      MOGU ピープル(人型クッション)ロングアーム フジテレビ月9ドラマ「絶対零度」で本田翼さんが抱きしめていた赤い人形クッションはコレ!

      MOGUのピープル ロングアーム。

      このあいだの回を見ていたら、沢村一樹さんがこれの青い人形に白いTシャツみたいなのを着せたのを持っていたような。

      なんだか、「小さな相棒」みたいな雰囲気もってかわいかった。

      それはともかく。

      この人形は抱き枕なんですね。

      値段もそれほどには高額でもないし、自宅のインテリアアイテムとしてとか、誰かへのプレゼントとかにもありな気が。


      教場 読み方

      0
        キムタク主演でやっていたテレビドラマ「教場」。

        長岡弘樹さんの小説が原作だそう。

        2020年1月4日→前編
        2020年1月5日→後編
        が放送されました。

        自分は前編の最初の方を見逃してしまいましたが、途中から視聴。

        緊迫感がたまらない感じで、引き込まれるようにしながら見ていってしまいました。

        その教場。

        読み方は「きょうじょう」なんですね。

        ●きょうば
        ●けいば
        ●けいじょう
        も頭に思い浮かび、なんて読むのだろう?となりましたが。


        長岡弘樹さんの造語かと思ったけれど、一般名詞なのか。


        JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


        まだ結婚できない男 桑野信介の年齢

        0
          ドラマ「まだ結婚できない男」。

          主人公の建築家・桑野信介の年齢は53歳。

          前作「結婚できない男」では、彼はたしか40歳だったかと。

          それから13年後の話となります。

          なんというか、阿部寛さんの雰囲気がそんなに違わないような印象で、変な違和感のようなものがあるような気も・・・

          ただ、「結婚できない男」の初回放送年(2006年7月4日〜9月19日)から考えると、ぴったりちょうどいいのか。

          「自分も桑野と同じように年齢を重ねた」といったふうに、一種の共感を抱きながら見られるのはよさそう。

          自分の場合はもう結婚してしまっていますが、内面には桑野信介的偏屈さもあるような自覚があり、笑いながらも「なんか他人事じゃないかも」とか思いながら見ております!


          ノーベル化学賞2019 旭化成の吉野彰さんの会見

          0
            NHKは、19:30過ぎで終わってしまった・・・

            でも、ネットでLIVE配信されていたので、すぐに続けてみることができてよかった!

            高性能なリチウムイオン電池の開発をされた方?

            それはそれは。

            世の中に多大な貢献となっているでしょうし、ノーベル賞に選ばれても当然って感じですね。



            ブログランキング


            にほんブログ村 その他生活ブログへ

            リンクリックブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!


            PVアクセスランキング にほんブログ村

            • SEOブログパーツ
            seo great banner

            selected entries

            categories

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM