フォーチュン・クッキー(映画) 披露宴パーティーのヒラメ料理が1万ドル

0
    フォーチュン・クッキーというアメリカ映画をVODで見ました。

    精神科医の母と、高校生の娘の身体が入れ替わってしまうというファンタジー・コメディ。

    1976年のジョディ・フォスター主演「フリーキー・フライデー」のリメイク作品のよう。

    フォーチュン・クッキー 特別版 [DVD]

    新品価格
    ¥1,013から
    (2018/1/22 19:14時点)



    そのなかで、結婚式の料理に関するシーンがありました。

    精神科医の母は、夫を以前に亡くしてしまい、シングルマザーの身。

    でも、あたらしいパートナーができ、再婚することになっています。

    で、結婚式(披露パーティー)の料理についての話を、電話でします。

    まだ、身体が入れ替わる前の母です。

    電話の相手はプランナーさんとか、料理担当の人だと思われます。

    「それだけはイヤ。サーモンはやめて。ヒラメがいい。追加料金を払うわよ」といったふうに。

    で、身体が入れ替わった後、中身は娘の母が電話を受けて「ヒラメ?1万ドル?なにそれ、気持ち悪い。キャンセルよ」なんて感じで断ってしまいます。

    自分が気になったのは値段のところ。

    1万ドルはだいたい110万円。

    これは追加料金ということなんだろうか。

    それとも、料理全体の価格だったのだろうか?

    最後のほうにその披露パーティーの様子が出ていますが、それからすると、人数は50人とか70人とか、そのくらいの規模ではないかと。

    それで110万円・・・

    料金全体の価格だとしたら妥当なところで、追加料金だったとしたら高いって感じではないだろうか。

    ちなみに、日本の披露宴の料理+ドリンクの相場料金は、招待客1人あたり1万8千500円程度。
    (ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ)

    JUGEMテーマ:結婚式



    ブログランキング


    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    ブログランキングならblogram
    リンクリックブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    • SEOブログパーツ
    seo great banner

    selected entries

    categories

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM