不満の人生 工夫の人生

0
    今読んでいる本に、次のことが書かれていました。
    一流の人は、不満を言っているヒマに工夫をします。
    不満からは何も生まれません。
    工夫は何かを生み出します。

    一流と二流の違いは生産性があるかないかです。
    環境に対する不満には生産性がないのです。
    工夫をする人は不満を言わないし、不満を言っている人は工夫をしません。
    「工夫」と「不満」はスイッチの両面なので、必ずどちらかに入ります。
    これは基本的な思考回路です。

      ・
      ・

    (中略)
      ・
      ・

    行動と言葉は、その人の生き方から生まれます。
    「時々男で、時々女」とか「時々日本人で、時々外国人」ということはないのです。
    その人がどう生きているかで決まります。
    不満型人生なのか、工夫型人生なのか、どちらかです。
    工夫をしていると、楽しくなります。

    その一言に、品格が現れる 一流の人が言わない50のこと(10.環境に、不満を言わない。)

    ヘアカットの順番待ちのときに読んでいて「おぉ〜!」って思いました。

    自分は待つのが苦手で、ヘアカットの待ち時間もイライラしがちです。

    しかしそれは・・・不満型人間ですな、客観的に見たら。

    工夫型人間は、その状況を何かしら工夫してプラスにしていくのでしょう。

    そのときの自分は読書をしていたので、一応工夫しています。

    しかし、心のどこかで「早く自分の番にならないかな」って思っていたのです。

    それは半人前なのでしょう、きっと。

    工夫して、それで自分の心向きをプラスにするとか、何かしらの生産性に結びつけるといったことをしてはじめて合格点がもらえるのではないかと。

    上記を読んで、メンタルのベクトルが"ふっ"と変わったのがわかりました。


    そうすると、面白いもので、すぐに自分の番が来たりするんですよね。

    不思議・・・


    ともかく、どんなときも工夫が無意識的にできるような、工夫型人間になっていきたい。   


    ブログランキング


    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    ブログランキングならblogram
    リンクリックブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    • SEOブログパーツ
    seo great banner

    selected entries

    categories

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM