学歴が上がるほど貯蓄額は下がる傾向

0


    ネットサーフィンしていたら、「教育レベルが上がるにつれて貯蓄額は増加ではなく減少する」という内容に行き当たりました。
    統計的な調査によれば貯蓄額は学歴が上がるにつれて、「増加」ではなく「減少」するのです。また、教育程度が高いと、買い物が増える傾向は女性に顕著に現れています。

    教育レベルが上がれば上がるほど、「ステータス志向が強く、自己顕示や地位のための消費行動に走りやすく」「自分が属したいと思う上位の準拠集団についていこうと熱心」になります(「消費するアメリカ人」、ジュリエット.B.ショア著)。

    「みっともなく生きる」これが富裕層への近道だ
    なるほど・・・

    学歴が高くなるほど「自分には上位の生活レベルがふさわしい」といった気持ちを抱きやすくなるということだと思います。

    それは向上心(頑張る気持ち)と見れば悪くないとも言えそうですが、高望みして無理をするのは一般的にはよくないのでしょう。

    それよりも、虎視眈々というか、コツコツ人知れず努力を積み重ねて経済的成功を引き寄せるようにするほうが賢いのかも知れないですね。

    そうだとすると、マウンティングというのは、まったく愚かな行動ですな。

    優越感を抱きながら暮らすのは気分がいいかも知れないですが、そんなことよりも「自分は努力を続けていっているか」「ボランティアや寄附など、少しは社会貢献的なことをやっているか」と省みて生きていくほうが人としての価値は断然高まっていくのでしょう、おそらく。



    ブログランキング


    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    ブログランキングならblogram
    リンクリックブログランキング
    ランキングはこちらをクリック!

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    • SEOブログパーツ
    seo great banner

    selected entries

    categories

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM