幸せホームレスとの10日間

0
    NHKのBSでノーナレ「幸せホームレス”との10日間」ってのをやってました。

    再放送かな。

    いろいろ感じさせられる。


    セキュリティーとか、
    ほかにも、しれっとホームレスをやっている方がいる?とか。


    ネットでの感想をみると、モヤモヤを感じる人もいるようですけれど。

    社会のフリーライダー的に見え、それが心情として許せないってことかな。


    しかし、彼はリスクを負っているように思うし、どうなっていくのか未知数の部分もあるような。

    (今後何かで稼いで利益が出たら、ちゃんと税金等を納めて欲しいというのはある)


    彼を修行僧のように捉えてみるのはどうだろう。

    昔は修行僧にご飯を出してあげたり、その代わりとして説法的なことを聞いたりしていたのではないだろうか。

    修行僧は、将来立派なお坊さんになるという未来が見えているが、彼(小谷さん?)の場合は、それがよくわからないってのはあるかもしれないけれど。


    現代の日本は、そういったのもなかなか認められにくい社会ってことですかね。



    ドラゴン堀江 センター試験結果

    0
      ドラゴン堀江のホリエモンのセンター試験結果は、900点満点中653点だったみたいです。

      得点率で約72.6%。

      半年でしょうか。

      期間が短い中でそこまで持っていったのは称えてもいいことなのかもしれないけれど。

      本気で東大合格を目指している人の感覚からしたら、これは"マズイ"レベルなのではないだろうか。

      二次試験で逆転を狙う戦略でいくのだろうけれど。

      確率的には、5分の1くらいですかね。

      5回試験を受けて、1回通る程度。

      ホリエモンのポテンシャルを推し測ったとしても。

      なんとなくですけれど。


      ちなみに、このセンター試験の点数は、映画やドラマの「受験のシンデレラ」の主人公より低いです。

      点数はこうでした→受験のシンデレラ センター試験得点


      あと、グラビアアイドルのわちみなみさんは、900点満点中626点。

      得点率で約69.6%。

      ホリエモンに近いレベルというのはすごいかも。

      あと、この方の場合には、社会の点数が低め(200点満点中123点)。もう少し時間があったら、ここが伸びてさらに高得点になっていた気も。



      パイプオルガン

      0
        マツコデラックスの「夜の巷を徘徊する」でやっていましたが。

        パイプオルガンの仕組み、知らなかった・・・

        風を送って鳴らすようになっていたのですね。

        笛と同じような仕組み。

        ネットで調べると、大きく分けて「フルー管」方式と「リード管」方式があり、リード管方式はクラリネットのほうがイメージとして近いようですけれど。

        クラリネットも笛の一種と捉えてよさそうですが、音の出し方(響かせ方)にリコーダーやフルートなどと違いがあります。

        ともかく、そういうことを知ると、今後パイプオルガンの演奏を聴くときのイメージやら姿勢やら、味いの深度やらが変わってきそうな気がします。

        とはいえ、生演奏を聞く機会はそうそうないのだろうけれど。

        文京区にある「東京カテドラル 聖マリア大聖堂」のパイプオルガンには、日本最大級、3122本のパイプがあるそうです。


        マルクス・ガブリエル 幸せについて

        0
          「欲望の時代の哲学〜マルクス・ガブリエル 日本を行く〜」の再放送をNHKでやっていました。

          大阪にいったとき、そこにいた男性に、「どうしたら幸せになる(なれる)んですか?」と聞かれていました。

          ガブリエル先生の答えは、次のようなものでした。

          ■幸せには絶対的な法則(ルール)はない
          ■幸せになりたければ、幸せはよそにはないことを知ること
          ■いま幸せを感じないと、幸せは訪れない


          ここからすると、
          ・幸福は、心(精神・感じ方・捉え方)の問題
          ・意識的に、感じ取るようにしてみることだ、それも、いますぐに
          っておっしゃっているように思えます。

          その部分を見ていて、自分の経験則とか、漠然と抱いている感覚と、ちょっとしたズレのようなのを感じました。

          なんだろう。

          「スグに幸せを感じようとするのは、できないこともないけれど、それで得られる幸福感は一過性のもの」ってことかな。

          持続的、継続的な幸福感を得たいならば、理性を使って獲得していくプロセスがある→法則は見出せるのではないか といった感覚です。

          もし、理性で幸福が得られるとするならば、それは哲学的な思索テーマになるのではないかと。


          また今後、ヒマなときなどに考えてみようか。

          なんだかんだで忙しいので、なかなか深めていけないかもしれないけれど。


          JUGEMテーマ:幸福に生きる


          洋はこちらになります

          0


            https://news.walkerplus.com/article/175653/


            この場面、テレビでは見逃してしまったけれど。



            映像を見たら、やはり面白かった・・・





            ブログランキング


            にほんブログ村 その他生活ブログへ

            リンクリックブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!


            PVアクセスランキング にほんブログ村

            • SEOブログパーツ
            seo great banner

            selected entries

            categories

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM