パリコレ学2

0
    「林先生の初耳学」でやっている、アンミカ先生のパリコレ学。

    2期生ってのがスタートしたようですね。

    テレビをつけていたらやっていて見たのですが、あの緊張感はなんだかたまらない・・・


    仕事に、あれだけの厳しさを持って臨めているか

    というのを省みさせられるるような感覚が出てきました。


    若い時に、あぁいうふうにガツンと厳し目に言われる体験。

    自分は、あったほうがいいと思うかな。
    (強く鍛えられるので)

    ただ、その目指すものが、自分が本気で欲しいと思っているとか、憧れているようなものでなかったらツライのかも。


    JUGEMテーマ:テレビ全般


    ラーメン大好き小泉さん2019春SP

    0
      ラーメン大好き小泉さん2019春SPは、4月5日(金)23時〜24時10分放送予定!

      チャンネルは、フジテレビ、ですね。

      ということは、見逃し動画とかはFODで配信されるのかな。

      Amazonペイ支払いなら1ヶ月無料⇒フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

      いま「ラーメン大好き小泉さん」で探してみると、過去に放送された分の動画が見られるようでした。

      全部で6つの動画です。

      ■1話〜4話
      ■ラーメン大好き小泉さん2016新春SP
      ■ラーメン大好き小泉さん2016年末SP

      いまのところ、すべてFODプレミアム会員なら無料で(別途課金の必要なく)見られるみたいです。


      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


      幸せホームレスとの10日間

      0
        NHKのBSでノーナレ「幸せホームレス”との10日間」ってのをやってました。

        再放送かな。

        いろいろ感じさせられる。


        セキュリティーとか、
        ほかにも、しれっとホームレスをやっている方がいる?とか。


        ネットでの感想をみると、モヤモヤを感じる人もいるようですけれど。

        社会のフリーライダー的に見え、それが心情として許せないってことかな。


        しかし、彼はリスクを負っているように思うし、どうなっていくのか未知数の部分もあるような。

        (今後何かで稼いで利益が出たら、ちゃんと税金等を納めて欲しいというのはある)


        彼を修行僧のように捉えてみるのはどうだろう。

        昔は修行僧にご飯を出してあげたり、その代わりとして説法的なことを聞いたりしていたのではないだろうか。

        修行僧は、将来立派なお坊さんになるという未来が見えているが、彼(小谷さん?)の場合は、それがよくわからないってのはあるかもしれないけれど。


        現代の日本は、そういったのもなかなか認められにくい社会ってことですかね。



        ドラゴン堀江 センター試験結果

        0
          ドラゴン堀江のホリエモンのセンター試験結果は、900点満点中653点だったみたいです。

          得点率で約72.6%。

          半年でしょうか。

          期間が短い中でそこまで持っていったのは称えてもいいことなのかもしれないけれど。

          本気で東大合格を目指している人の感覚からしたら、これは"マズイ"レベルなのではないだろうか。

          二次試験で逆転を狙う戦略でいくのだろうけれど。

          確率的には、5分の1くらいですかね。

          5回試験を受けて、1回通る程度。

          ホリエモンのポテンシャルを推し測ったとしても。

          なんとなくですけれど。


          ちなみに、このセンター試験の点数は、映画やドラマの「受験のシンデレラ」の主人公より低いです。

          点数はこうでした→受験のシンデレラ センター試験得点


          あと、グラビアアイドルのわちみなみさんは、900点満点中626点。

          得点率で約69.6%。

          ホリエモンに近いレベルというのはすごいかも。

          あと、この方の場合には、社会の点数が低め(200点満点中123点)。もう少し時間があったら、ここが伸びてさらに高得点になっていた気も。



          パイプオルガン

          0
            マツコデラックスの「夜の巷を徘徊する」でやっていましたが。

            パイプオルガンの仕組み、知らなかった・・・

            風を送って鳴らすようになっていたのですね。

            笛と同じような仕組み。

            ネットで調べると、大きく分けて「フルー管」方式と「リード管」方式があり、リード管方式はクラリネットのほうがイメージとして近いようですけれど。

            クラリネットも笛の一種と捉えてよさそうですが、音の出し方(響かせ方)にリコーダーやフルートなどと違いがあります。

            ともかく、そういうことを知ると、今後パイプオルガンの演奏を聴くときのイメージやら姿勢やら、味いの深度やらが変わってきそうな気がします。

            とはいえ、生演奏を聞く機会はそうそうないのだろうけれど。

            文京区にある「東京カテドラル 聖マリア大聖堂」のパイプオルガンには、日本最大級、3122本のパイプがあるそうです。



            ブログランキング


            にほんブログ村 その他生活ブログへ

            リンクリックブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!


            PVアクセスランキング にほんブログ村

            • SEOブログパーツ
            seo great banner

            selected entries

            categories

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM