受験のシンデレラ センター試験得点

0
    お正月休み、映画「受験のシンデレラ」をネットで視聴。

    主人公の女の子が東大受験をするのですが、センター試験が思ったよりできなかったふうに描かれてました。

    その点数はというと

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・


    ちょっとしたネタバレとなりますから、お知りになりたくない方はご覧にならないほうがいいかと


     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

    710点、でした。


    彼女の志望学部は文2。


    満点は900点ってことだと思います。


    得点率で約79%。

    たしかにこれはちょっとイマイチなのかも知れないですね。


    自分は東大は受験していませんが、東大に受かろうと思ったら90%(900点満点だと810点)くらい取っておくのがスタンダードだったような気が。

    結構なとんでもない得点ですけれど、そういう点をセンター模試とかでも普通に取る感じの人でないとなかなか受からないのが東大のイメージ。

    NHKのドラマ版「受験のシンデレラ」では、728点だったのかな、ネットの書きこみ情報によると。

    これで得点率約81%になります。


    映画 名言 著作権

    0
      VODで映画を見ていて、「おぉ〜、いい言葉だ!」とブログでシェアしたい気持ちに。

      でも、映画のセリフにも著作権があるんですよね。


      「ネタバレしても構わない人は読んで!名言があったから紹介します」とかって書くにしても、配慮というかルールに沿う必要があるのでしょう。


      主とか従というの、このセリフに感動した!というのを伝えるとして、どこまで書けばOKになる(引用として認められる)のだろうか・・・


      なんだか、このネットの社会でいろいろと面倒だ。


      そして、いまこのときをスルーしたら、もう書かないんだろうな。

      後になって時間を取って、引用のルールを整えて・・・なんて、やらない。 (ヾノ・∀・`)ナイナイ

      ブログとかだと、いまそのときに抱いている熱い気持ちをぶつけるような書き方にも意義があるような気がするけれど、そういう機会が失われていく・・・


      109シネマズ 1,100円の日

      0
        109シネマズ、今年度は20周年感謝デイというので、20日も大人1,100円で鑑賞できるのか。
        (※実施期間:2018/4/20〜2019/3/20。3DやIMAXは追加料金がかかります)

        これで、一般鑑賞料金が1,100円となるのは、
        ■ファーストデイ(毎月1日)
        ■109シネマズの日 (毎月10日)
        ■109シネマズ20周年感謝デイ(毎月20日)
        ■レディースデイ(毎週水曜日・女性限定)
        といった感じになります。

        館によってメンズデイがあったりと、違いがあるみたいですが。

        あと、2人で2,200円になるペアデイやら、シニア料金、夫婦50割引(どちらかが50歳以上)なんてのもあったり。


        ここのところ、ネット視聴ばかりになって、映画館に足を運んでいませんが、こういうのをやってくれると「暇ができたら行ってみようかな」って気持ちになります。


        JUGEMテーマ:映画


        セリーナ・ウィリアムズ 映画出演

        0
          VODで映画を見ていたら、女子テニスのセリーナ・ウィリアムズ選手が出ていました。

          あの、全米オープンテニス2018決勝で大坂なおみ選手と対戦した女王です。

          有名ライフスタイル・コーディネーターも出演していました。

          なんか、びっくり。

          作品は「ピクセル」っていうSFコメディです。


          婚前特急 ラストシーンのロケ地

          0
            吉高由里子さん主演の映画「婚前特急」を見ました。

            ラストシーンがちょっと印象的です。


            ※以下、映画内容のネタバレが含まれますので、お知りになりたくない方はご覧にならないでください。































            結婚式を挙げ、そのまま新郎新婦がある乗り物に乗車してみんなの前から去っていきます。








            これ、通常だと車が多いと思います。









            車に乗って、ハネムーンに出かけていく、的な。






            それが、この映画では、2人は電車に乗って去っていきました。




            そのロケ地として使われたのは、ひたちなか海浜鉄道湊線の「阿字ヶ浦駅」のようです。



            結婚式場ロケ地はフェアブルーム水戸アメイジングステージ。

            ここです→フェアブルーム水戸アメイジングステージ

            映画では、このチャペルから駅が直結している感じで描かれていましたが、実際には隣接していません。
            (車で30分以上かかるくらい、離れています)


            ブログランキング


            にほんブログ村 その他生活ブログへ

            リンクリックブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!


            PVアクセスランキング にほんブログ村

            • SEOブログパーツ
            seo great banner

            selected entries

            categories

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM