衣料品 タグを切ってしまった後の返品

0
    よく利用しているスーパー。

    スウェットが安く販売されていたので購入しました。

    袋に入っていて、試着等はできず。

    なので、袋に書かれていた身長や胸囲、ウエストサイズからMを購入しました。

    身長165cm〜175cm→Mサイズ

    自分は172cmほどなので、これがジャストだと思いました。

    しかし、家で着用してみたところ、
    ■裾
    ■そで
    がまったく合わない・・・

    そでは10cmくらい足りない感じでした。

    「交換や返品って、してもらえるのだろうか」と思いながら、お店に持っていって事情を話しました。

    レシートやタグはありましたが、タグは商品から切り離してしまっていました。

    そうしたところ、次のような回答でした。

    「本来、タグを取ってしまったら、交換や返品はできません。

    でも、今回は対応いたします。

    これからは、(交換や返品の可能性があるなら)タグは取らないでください」

    それはありがたい・・・と、返品してもらいました。

    交換でよかったのですが、Lサイズがもう1つもなかったので。


    こういったときの対応、一般的にはどうなっているのかとネットで調べてみました。

    すると、お店によって対応は違いそう


    タグを切ってしまった後も返品OK。ただ、下着類やセール品はNG
    というのがスタンダードなラインかな。

    ただ、返品OKな場合でも、「購入から1週間」などの期限が定められているお店もあるようです。


    結婚式 ゲストのネクタイの色

    0
      槙野智章選手、高梨臨さんの結婚式が行われたよう。

      式場はザ・プリンスパークタワー東京。

      で、お笑いタレントのじゅんいちダビッドソンさんがインスタに写真をアップされたみたいです。

      彼のインスタアカウントに行って探してみても、見つからなかったですけれど。

      なにかしらの事情で、投稿を削除しちゃったかな?

      ネットニュースにはまだ画像が出ています。

      これも消えちゃうかもしれないですが、URL→https://www.hochi.co.jp/entertainment/garticle.html?id=20181226-OHT1I50109

      自分が「おぉっ!」と思ったのは、顔ぶれの豪華さもありますが、面々のネクタイの色です。

      結婚式というと、ゲストのネクタイの色はシルバーや白、もしくは明るいカラーがマナーのように捉えていました。

      でも、彼らはそんな感じではありません。

      これ、多分ですけれど、面々が"海外組"だからではないだろうか。

      長友佑都選手(ガラタサライ)
      大迫勇也選手(ブレーメン)
      川島永嗣選手(ストラスブール)
      じゅんいちダビッドソンさん
      長谷部誠選手(フランクフルト)
      小林祐希選手(ヘーレンフェイン)
      香川真司選手(ドルトムント)

      ということで、サッカープレーヤーは、みな海外組か?

      海外では、結婚式にゲストが黒や暗め色のネクタイをしても構わない(むしろそれがフォーマル?)なようです。

      そう考える、むしろこれはカッコいいかも・・・

      外国の第一線でバリバリやっているってのが伝わってくる気がして。


      ミスターミニットの紳士靴かかと交換

      0
        ゲンバビトって番組で、ミスターミニット店舗のを取材した様子をやっている。

        紳士靴のかかと修理、急ぎだと15分くらいで出来るのか。

        自分も何度も利用していますが、そういうのはやってもらったことがありません。
        (履いてきた靴を修理してもらって、店内で修理を待つ、的なの)

        修理してもらいたい靴を紙袋とかに入れて持っていって、1時間半後とか、翌日取りに行くとかでやってもらっています。

        急がなくていいから200円くらい安くとか、できないのかな。

        逆か。お急ぎ便は300円アップとか。



        革靴 くるぶしの靴擦れ対策

        0
          靴屋さんで、革靴を買いました。

          で、履いてちょっと買い物に行って戻ってみると・・・くるぶしのあたりが痛い。

          左のほうは、すこしですが皮がむけてしまいました。


          自分はこれまであまりこういった靴擦れがあっても対策はとってきませんでしたが、その革靴を購入するときに、店員さんが教えてくださったことがあります。

          それは、「くるぶしが低い位置にあるような人は、中敷を入れて履くとだいぶ楽になる(靴ズレが起こりにくくなる)」ということです。

          もしかしたら、自分はくるぶしが低い位置にあるタイプなのかも知れません。
          (くるぶしに靴擦れを起こすことが結構あるので)

          で、100均に行って早速インナーソール(中敷)を購入。

          先のほうに比べて、かかとのほうが少し厚みがあるタイプをチョイス。

          2〜3日後(旅行に行っていました)、それを入れて歩いてみると・・・痛くありません!

          中敷が靴ずれ対策になるとは。

          知らなかったぜぃ。

          かかとだけに敷く(貼る?)パッドもあるみたいなので、それを使うのもありなのかも。

          こういうのです↓

          《メール便可》かかと、アキレス腱、踝の痛み、だるさを和らげますpedag ペダック パーフェクト(perfekt)羊革仕様の軟質ヒールパッド(ドイツ製)靴 シューズ

          靴の底修理 値段

          0
            テレビで、横浜の靴の修理専門店の様子をやっていました。
            (テレビ東京日曜ビッグ「客がいない店〜開店休業!?気になる店をのぞきみSP〜」)

            ご年配のご主人がお1人でやっているお店。

            毎月数十人来て、月の売上げは12万円〜13万円だそう。

            靴修理の値段が
            オールソール→5,000円
            かかと→1,000円〜2,000円
            といったふうだったと思います。

            で、「丁寧にやる分、よそのお店よりちょっとお高め」といった感じのナレーションが入っていました。

            そこで「ん?」となった自分。

            かかと修理1,000円〜2,000円は相場からすると高いのだろうか・・・

            自分はいつも2,000円〜3,000円程度でやってもらっています。

            お店やかかとの素材、クーポンやスタンプカード割引が効くかどうかによって違いますが、平均で2,500円くらい。

            もっと安くやっているお店があるのだろうか。

            気軽に行けるエリア内にないかどうか、調べてみようっと。

            ※ネットで調べてみた結果↓

            レディース靴だと、かかと修理が1,000円〜2,000円くらいでできるよう。

            ただ、紳士靴だとやはり2,000円〜3,000円してしまいます。


            ブログランキング


            にほんブログ村 その他生活ブログへ

            リンクリックブログランキング
            ランキングはこちらをクリック!


            PVアクセスランキング にほんブログ村

            • SEOブログパーツ
            seo great banner

            selected entries

            categories

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM